バイオスフェリカル社は、米国国立科学基金(NSF)による紫外線放射モニタリングネットワークとして南極大陸や南北アメリカ大陸の6箇所に全天候型ダブルモノクロメータ、SUV-100型を設置しています。

1992年にこのSUV型の相関器として開発されたフォトダイオード式のポータブルモデルがGUV-511型で、2015年になってさらに進化した三世代目のGUVis-3511型が誕生しました。

GUV-511型では紫外域とPARのみの測定しかできませんでしたが、紫外から赤外域までの広範囲から19チャンネル選択できるようになりました。紫外域はそれまでのシリコン(Si)フォトダイオードに代えて、より紫外線の検知感度が高い炭化ケイ素(SiC)フォトダイオードを採用(オプション)しています。また、温度変化によるフォトダイオードの光測定の不確かさを軽減するために定温制御機能を備えおり、40°Cと50°Cのどちらかを選べるので赤道から極域まで広範囲に使用できます。

それまでの電気回路のワイヤーハーネスによる配線をやめ、フォトダイオード、アナログ、デジタル回路に分かれていたものをチャンネル毎にワンボード化することで、より小型化、低ノイズ化を実現しました。この技術は次世代型水中分光放射計C-OPS型やハイブリッド分光放射計OSPREy型にも受け継がれており、海色衛星に対する現場データによる代替校正や水中アルゴリズムの検証に使用されています。

オプションとして、GPS(BioGPS)や直達放射照度を算出する為の回転遮蔽バンド(BioSHADE)を用意しています。研究船で広域を移動する場合に測定データと共に位置データが記録できます。



総合カタログPDFダウンロード(3.02MB)

単体カタログPDFダウンロード(313KB)



  特  徴

   □ 近紫外から赤外域まで測定可能

   □ 照度センサ標準8チャンネル

      (最大19チャンネル)

   □ 光学系の定温制御

   □ 10桁ダイナミックレンジ

   □ 豊富なオプション

   □ 確かな校正注1)

  仕  様

測定項目

空中照度(全天放射照度)

検出器

Siフォトダイオード(305-1,020nm及びPAR)、InGaAsフォトダイオード(1,245及び1,640nm)、SiCフォトダイオード(305及び313、320nm)

選択可能波長(最大19チャンネルまで搭載可)

305、313、320、330、340、380、395、412、443、465、490、510、532、555、560、565、589、625、665、670、683、694、710、765、780、875、940、1020、1245、1640nm及びPAR

スペクトル半値幅

10nm、但し測定波長1,245及び1,640nmはそれぞれ15nm、30nm

集光器

テフロンクオーツカバー

集光器面積

2.1cm径

方位非対称性

1%以下

コサイン集光特性
(受光角特性)

             コサイン曲線に対する不確かさ
測定波長         天頂角0〜60°間   天頂角60〜70°間   天頂角80°
300-700nm        ±3%        ±4%        -7%
700-1,050nm       ±3%        ±4%        -10%
1,640nm         -6%         -10%        -20%

最少測定値(代表値)

測定波長         最少感度
305nm          3×10-4μW/cm2・nm
412nm          1×10-4μW/cm2・nm
610nm          2×10-5μW/cm2・nm
1,020nm         4×10-5μW/cm2・nm
1,245nm         6×10-5μW/cm2・nm
1,640nm         3×10-5μW/cm2・nm

ダイナミックレンジ

10桁

応答速度

0.01秒以下

ゲイン切替速度

0.1秒

データレート

最大15Hz

インターフェース

115,200ボーレート

動作環境

-30~+35℃、+35℃以上オプション

定温制御(PID制御)

40℃±0.1℃(標準)、50℃±0.1℃(オプション)

ケーブル長

100mまで

注1)バイオスフェリカル社製の計器は全てNIST(米国国立標準技術研究所)に準拠しています。