LabSTAF型は、Single Turnover Active Fluorometry(シングルターンオーバーアクティブ蛍光法)を用いて植物プランクトンの一次生産(PhytoPP)を測定するチェルシー社の最新卓上型蛍光光度計です。励起波長は現場型FRR蛍光光度計FastOceanの3波長から7波長にし、検出波長を1波長から2波長にすることで、光合成測定のスペクトル補正や群衆構造の評価、パッケージ効果によるクロロフィル蛍光光度の再吸収誤差の補正を可能としました。また、極端な貧栄養条件下での測定を可能とすることによってFastOceanに比べ一桁以上の感度向上がなされました。

測定には自動、手動、フロースルーセル法の3つが用意されており、表層モニタリングなど長期の観測を行う場合は、クリーニングやサンプルの入れ替えが行える自動が便利です。

筐体はコンパクトで堅牢な樹脂製キャリングケースで持ち運びに優れており、研究船や屋外での測定に最適です。アプリケーションとして、

 ●グローバル炭素循環の駆動基本システムの定量的評価
 ●水生システムの生化学と生態の分析
 ●衛星データの検証
 ●気候変動の研究とモニタリング
 ●藻類の発生と群衆構造のモニタリング
 ●集水域を管理するための生態学的モニタリング
 ●集水域の水質に係る水源の特定

など様々なフィールドでご利用いただけます。




総合カタログPDFダウンロード(2.46MB)



LabSTAF型

  特  徴

   □ 植物プランクトンの光合成活性のリアルタイム測定

   □ 7つの異なる波長の励起光源

   □ デュアル蛍光波長帯測定

   □ 高感度(最小感度:0.001mg/m3クロロフィルa相当)

   □ 3種類のサンプリング機能

   □ 自動クリーニングによる長期の表層モニタリング可

   □ 持ち運びに優れた設計



  仕  様

 測定対象

植物プランクトン

 最小感度

0.001mg/m3クロロフィルa相当

 励起波長(中心)

452nm、472nm、505nm、517nm、534nm、594nm、622nm

 環境光源

12ビット分解能で10-2,400μmol・photons/m2・secの平行光源

 サンプルチャンバー

BK7ベースの石英ガラス試験管、20mLサンプルボリューム

 重量

8.1kg

 電源

140-400mA、24V、3.4-9.7W

 システム寸法

235mm(H)×320mm(D)×420mm(W)

 IP保護等級

IP65



  ソフトウェア





RunSTAFソフトウェアは一つのソフトウェアで環境光の照射強度や7つの異なる励起光源から個別、あるいは同時の照射、閃光強度の設定、試料水の入れ替えやクリーニング等の全ての設定が行えます。取得したデータはクリップボード機能によりExcel等にデータを受け渡しができます。

対応OSは、マイクロソフト社Windows10です。ソフトウェアは、いつでもWeb上から最新のバージョンに無償にてアップグレードできます。