OxyGuard Model 525型はデータロガーに組み込める電極として開発されました。最低5.5VDCの電源電圧で動作し、出力信号は0から2.5Vで、非常に低い消費電力になります。ソーラーパネルが電源として使用される場所に最適です。

3線式溶存酸素電極、5線式温度出力付き溶存酸素電極の2つのモデルにmg/L(ppm)、%saturation(水中飽和度)又は%volume(気中酸素濃度)用の2つの出力様態を用意しています。

総合カタログPDFダウンロード(2.0MB)




 特  徴

   □ 低消費電力

   □ 安定性がありゼロ調整不要

   □ 大容量の電解液で長期安定出力

   □ 温度補償機能内蔵

   □ 硫化水素に比較的影響されない

   □ 簡単なキャリブレーションと電極再生

   □ 用途に合わせた隔膜



  仕  様

 形式

ガルバニック式

 流速

1cm/sec(最低流速)

 電源

5.5〜24VDC(最大消費電流6mA)

 電圧出力インピーダンス

約32Ω

 増幅器インピーダンス

10kΩ以上(推奨)

 ガルバニック絶縁

1,000V RMS(センサと出力間で)

 出力

0〜2.5V(オプションで0〜5V出力可)

 精度

±2%以内(校正時と同じ温度の場合)

 安定所要時間

25ミリ秒

 応答速度

60秒以内(90%応答)

 温度補償

内蔵(サーミスタ)、0〜40℃間において

 動作周囲温度

0〜50℃

 寸法

58mm(径)×88mm(長)、コネクタ含まず

 重量

0.6kg(5mケーブル含む)

 センサケーブル長

標準5m(オプションで延長可)

 付属品

電解液及び隔膜×5枚、O-リング×5枚、ナイロンタワシ



  3線式溶存酸素電極

(上図)3線式溶存酸素電極
出力は、
 ●mg/L(ppm)  型式:D123M(溶存酸素:0〜2.5V=0〜20mg/L)
 ●%又はVol%  型式:D123SV(溶存酸素:0〜2.5V=0〜200%saturation(水中飽和度)又は0〜50%volume(気中酸素濃度))
の2種類があります。

5線式溶存酸素電極の配線は、
 ●茶色---電源(+、5.5〜24VDC)
 ●青色---信号(GND、溶存酸素)
 ●黒色---信号(+、溶存酸素)
 ●ベージュ色---信号(+、温度)
 ●黄色---信号(GND、温度)
になります。※電源のGNDに青色と黄色線をつなぎます。

出力は、
 ●mg/L(ppm)  型式:D123MT(溶存酸素:0〜2.5V=0〜20mg/L、温度:0〜2.5V=0〜50℃)
 ●%又はVol%  型式:D123SVT(溶存酸素:0〜2.5V=0〜200%saturation(水中飽和度)又は0〜50%volume(気中酸素濃度)、
                 温度:0〜2.5V=0〜50℃)
になります。