DST centiシリーズは、15mm(径)、46mm(長)、空中重量19gの超小型温度・深度ロガーです。メモリ容量は全測定項目合計174,000データで、電池寿命は10分インターバルで計測した場合の電池寿命はDSTシリーズ最長の9年になります。

記録部には不揮発性EEPROMを採用しており、内部バッテリーが尽きてもデータが無くなることはありません。また専用のコミュニケーションボックスからもロガーに電源を供給しますのでデータ回収にも問題ありません。

DST centi-Tは温度の1チャンネル、DST centi-TDは温度・深度の2チャンネルデータロガーになります。さらにデータ容量を増強したDST centi-exも用意しています。筐体は全て酸化アルミニウム製で生体適合性に優れています。

アプリケーションとして、
  ●魚や海洋動物の生態調査
  ●魚類学
  ●海洋学
  ●海洋生物学
  ●生態調査
  ●地質学
など様々なフィールドでご利用いただけます。

設定及び解析用ソフトウェアは別売ですが、アップグレードはWeb上から無償にて行えます。対応OSは、マイクロソフト社Windows 7、8.1、10の日本語版になります。

総合カタログPDFダウンロード(2.50MB)




酸化アルミニウム仕様


 特  徴

   □ 小型(15mm径×46mm長)

   □ 軽量(水中重量12g)

   □ 大容量メモリ(524,068データ、オプション選択時)

   □ 生体適合性に優れた材質

   □ 最大深度3,000m

   □ 不揮発性メモリ(内部バッテリーが尽きてもデータを保持)



  仕  様

DST centi-T
(温度)
DST centi-TD
(温度・深度)

温度

測定範囲

-1~+40℃注1)

-2~+40℃

精度

±0.1℃

分解能

0.032℃

応答速度

20秒(63%応答)

深度

測定範囲

ハウジング耐圧300m(標準)
ハウジング耐圧3,000m(最大)注2)

10cm~50m、10cm~100m、1m~270m、
5m~800m、5m~1,500m、10m~3,000m注3)注4)

精度

-

±0.6%FS

分解能

-

0.03%FS

A/D変換

12ビットデジタル変換

サンプリング間隔

1秒~90時間(1秒単位で設定可能)

観測開始時間

最小5分から最大45日間で設定可

インターフェース

USBポート(仮想COMポート)

メモリ

記憶容量

261,819バイト(標準)
(温度1.5バイト)
786,099バイト(オプション)
(温度1.5バイト)

261,819バイト(標準)
(温度1.5バイト、深度1.5バイト)
786,099バイト(オプション)
(温度1.5バイト、深度1.5バイト)

形式

174,546データ(標準)
524,066データ(オプション)

87,273データ(標準、測定項目毎)
262,033データ(オプション、測定項目毎)

形式

不揮発性EEPROM

連続記録時間

2日(1秒間隔時)、
20日(10秒間隔時)

1日(1秒間隔時)、
10日(10秒間隔時)注5)

保持期間

25年

バッテリー寿命

9年注6)

9年注7)

バッテリー交換

不可

内部時計

精度月差±1分

ハウジング材質

酸化アルミニウム

ハウジング寸法

15mm(径)×46mm(長)

ハウジング体積

8.1cm3

重量

空中

19g

水中

12g

取り付け穴

0.9mm径

対応ソフトウェア

Mercury又はSeaStar

SeaStar

  注1)上記の測定レンジ以外も可能です。

  注2)標準耐圧以上でご使用される場合は、ご注文時使用深度をご連絡下さい。

  注3)ご注文時、上記の深度測定範囲から選択して頂く必要があります。

  注4)測定範囲外でのご使用は、深度センサやメンブランが破損する恐れがあります。必ず範囲内でのご使用をお願いします。

  注5)温度及び深度を同時に記録した場合になります。

  注6)サンプリング間隔を10分以上で設定した場合になります。尚、電池交換はできません。

  注7)サンプリング間隔を10分以上で、温度及び深度を同時に記録した場合になります。尚、電池交換はできません。



  ソフトウェア


(Seastar) (Mercury)
ソフトウェアは水産用や工業用のSeaStar、医薬品用のMercuryの2種類を用意しています。前者はDSTシリーズのHRT型を除く全てのタグの設定及び解析、後者はDST nano-TとDST micro-T、DST centi-T、HRT型の設定及び解析を行うことができます。

一定の間隔で計測(シングルインターバル)するだけでなく、複数の計測間隔を組み合わせる(マルチプルインターバル)こともでき、季節変動など周期性のあるものの計測にも使うことができます。マルチプルインターバルは最大7通りの計測間隔の設定が可能です。

新たに必要なデータを優先的にメモリに保持するプライマリー機能が加わりました。これは例えば、温度・深度の2項目のタグについて、深度が変わらないことが判っている場合には温度を優先し、温度データ10回毎に深度データを1回とすることで従来の1.8倍計測時間を延長するものです。

主な機能として
 二通りのサンプリング間隔
 複数タグのデータ保持
 オフセット値の変更
 グラフ表示機能
など

また、計測されたデータは、コンピュータにダウンロードされない限り新規に設定はできませんので、うっかりミスによる喪失はありません。ダウンロードされたデータは自動的にハードディスクに保存され、ファイル名は記録回数で制御されますので、名前の重複はありません。グラフはビットマップファイル(bmp)やウインドウズメタファイル(wmf)方式で保存できます。

ソフトウェアは、いつでもWeb上から最新のバージョンに無償にてアップグレードできます。

ソフトウェアアップデート

※オリジナルのソフトウェアがインストールされていることが条件になります。



  コミュニケーションボックス

DSTシリーズのタグとコンピュータ間の通信は、左図のコミュニケーションボックスを介して設定及びデータ回収を行います。電源はUSBポートからの供給(バスパワー)のみで、タグの直径に合わせて次の四種類を用意してあります。

 タグ径6mm用(DST nano用)
 タグ径8.3mm用(DST micro用)
 タグ径13mm用(DST milli用)
 タグ径15mm用(DST CTD、tilt、magnetic用)

       


  アクセサリ

保護カバー
プラスチック製保護カバーになります。

   

保護カバー

ワイヤークリップファスナー
ロングラインやネット等の漁具へのタグの固定を容易にします。タグはプラスチック製ハウジングで保護し、ワイヤークリップで固定します。クリップで留めることのできる直径は最大6mmになります。ワイヤの長さは用途に合わせて調整できます。

   

ワイヤークリップファスナー

ステンレス製保護カバー
非常に過酷な状況やプラスチック製保護ハウジングでは不十分な場合に適しています。プラスチック製ハウジングのさらに外側にステンレス製のカバーを取り付けます。
取り付け穴は8.5mm径がステンレス製ハウジングの上下にあります。

ステンレス製保護カバー

アジャスタブルハウジング(DST tilt、magnetic用)
DST tiltとmagneticは、タグが回転することなく調査対象物にしっかりと固定することが重要になります。タグを固定にはステンレス鋼製クランプを使用し、ハウジングの固定は四隅に直径4mmの穴があります。ハウジングの形状は、トロールギア、釣り具に固定できるよう設計されています。

アジャスタブルハウジング(DST tilt、magnetic用)

ステンレス製保護ハウジング(DST tilt、magnetic用)
DST tiltやmagneticが重力や張力を受けている場合は、ステンレス製保護ハウジングを追加することが可能です。

ステンレス製保護ハウジング(DST tilt、magnetic)

ステンレス製保護ハウジング(Starmon TD用)
Starmon TD用の保護枠になります。

ステンレス製保護ハウジング(Srarmon TD用)

ステンレス製保護ハウジング(Starmon mini用)
Starmon mini用の保護枠になります。

ステンレス製保護ハウジング(Starmon mini用)

プレートホルダーキット
プレートホルダーキットは、ワイヤーファスナー、タグを保持するためのプラスチックプレート、反対側にプラスチックのバックプレート、音響発信用のタグなどが取り付けられるシリコンパッドで構成されています。タグのサイズはmilliとcentiの2つのサイズに適用されます。

プレートホルダーキット

カプセルホルダーキット
カプセルホルダーキットは、プラスチック製のカプセル、ワイヤーハーネス、プラスチック製のバックプレート、シリコンパッドで構成されています。カプセルの両端には穴があり、水が確実にタグに流れます。タグのサイズはnano、micro、milli、centiのすべてのサイズに適応しています。

カプセルホルダーキット

フローティングディバイス
フロートは内付タグ外付タグ両用です。魚に取り付けられたタグの回収は漁師によって捕獲され返却される方法に依存していますから見付け易いように目立つ色にしています。万が一フロート付きタグをつけた魚が捕獲できなくてもしばらく後になってフロートが魚から放れて流れ着いてその存在が判ることになります。

フロートは見つけやすくするために鮮やかな赤色をしています。埋め込み用としてフロートは生体適合性エポキシでコーティングされています。

各フロートの長さは25.7mmです。寸法はタグのサイズによって異なりますが、必要なカプセルフロートの数に応じてカスタマイズできます。例として、DSTmilliで3つのフロートを使用する場合、寸法は16mmである必要があります。

フローティングディバイス

スパゲティタグ
タグ付きの魚を識別するものです。タグの球形の端にプラスチック製のチューブスパゲティタグを付けて、タグの提供も可能です。DST micro、milli、centiの3種類に対応しています。

スパゲティタグ