SWiFT CTD型は、操作のシームレス化を目的に、かつ利便性を高めるために充電式電池を電源とし、Bluetooth通信機能を込みこんだ新しいくクラスの投げ込み式CTD計です。温度センサはより応答速度の速いサーミスタ、深度センサは高精度のピエゾ抵抗素子圧力センサを採用し、小型・計量で操作性や精度を高めたモデルとなりました。

エンドキャップを1/4回転するだけで電源のON/OFFができ、電源のONと同時にGPSによる位置情報が記録されますので、河口や沿岸調査等で投げ込むような感覚で測定が行えます。データは、SWiFT CTD型が水面に引き上げられると同時にBluetooth通信がアクティブになり直ちに回収できます。ソフトウェアはWindows PCやApple社のiPadやiPhone、Androidタブレット等様々なデバイスに対応しております。

ハウジングにはチタニウム(一部アセタール樹脂)を採用しており、耐久性に優れています。観測方法は、1秒インターバルの連続観測、深度インタ―バルのいずれかを選択できます。内部電池はUSBポートにて充電が行え、満充電で約5日間の観測が行えます。

総合カタログPDFダウンロード(2.6MB)



 特  徴

   □ 小型・軽量

   □ 低消費電力

   □ 最大32Hzのサンプルレート

   □ サーミスタ温度センサ(応答速度:>100ミリ秒)

   □ ピエゾ抵抗素子圧力センサ(精度:±0.01%F.S.)

   □ Bluetooth通信

   □ 最大耐圧500m


  製品紹介


  概  略


  仕  様

基本センサ仕様

測定項目

測定範囲

精度

分解能

センサタイプ
(応答速度)

 深度

500dbar

±0.01%FS

0.001%FS

ピエゾ抵抗素子圧力センサ
(31.25ミリ秒)

 温度

-5〜+35℃

±0.01℃

0.001℃

サーミスタ
(100ミリ秒以下)

 電導度

0〜80mS/cm

±0.01mS/cm

0.001mS/cm

電磁誘導式
(31.25ミリ秒)

 音速注1)

-

±0.025〜0.30m/s

0.001m/s

演算値

 塩分注2)

0〜42PSU

±0.01PSU

0.001PSU

演算値

 密度注3)

990〜1,035kg/cm3

±0.01kg/m3

0.001kg/cm3

演算値

電気・記録系標準仕様

 サンプルレート

最大32Hz

 サンプリング方法

1秒間隔の連続観測又は一定深度間隔によるデータ取得

 インターフェース

Bluetooth v4 - low energy及びUSB接続

 取得認証

技術基準適合証明

 電源

充電式電池内蔵(USBポートを介して充電又は、付属の充電器にて1時間の急速充電で12時間の観測可)

 メモリ

2Gバイト、フラッシュカード

ハウジング

 材質

チタニウム(ハウジング)、アセタール(センサ保護枠)

 耐圧

500m

 重量

2.7kg(空中)、1.65kg(水中)

 寸法

ハウジング 78mm(径)×350mm(長)

その他

 ソフトウェア(対応OS)

Valeport Ocean(Windows10)、Valeport Connect Pathway Edition(iOS8.0以上 iPadOS8.0以上)、
Valeport Connect Pathway Editon(Android 5.0以上)

  注1)直接測定された導電率及び温度、深度から音速を算出します。計算式は標準的なEOS80を用いています。

  注2)直接測定された導電率及び温度、深度から塩分濃度を算出します。計算式は標準的なEOS80を用いています。

  注3)直接測定された導電率及び温度、深度から密度を算出します。計算式は標準的なEOS80を用いています。



  寸法図



  センサ配置(フロント部)

フロント部には、センサプロテクタ内に電導度センサ、温度センサ、深度センサがあります。



  LEDインジケータ(エンドキャップ部)

エンドキャップ部には、電池残量(充電状態)及びBluetooth通信、動作状態、GPS受信状態の4つのLEDインジケータがあり、それぞれの状態により色が変化します。例えばBluetooth通信の場合、接続が確立されれば青色が点灯し、確立されていなときは緑色が点灯します。

エンドキャップ部の外枠を1/4回転することで電源のON/OFFができます。